SSブログ

朝ドラの語り [エンタメ]

なんだか朝ドラ絡みの内容が続きますが・・・

先週から始まった朝ドラ「なつぞら」
ヒロインがアニメーターを目指す
実在するモデルをモチーフにした内容

実は私もかつてアニメーターを目指したことがあります
まぁ本格的に勉強したと言う訳じゃないけど
高校生の頃に通信教育みたいな感じで少しやった程度

「ドラえもん」などのシンエイ動画だったか?
「サザエさん」などのエイケンだったか?の
育成も兼ねての体験みたいなものと思ってください
優秀な人はスカウトとかあったと思うけどね

なので今回の朝ドラは上京あたりを観るつもりだった
貫地谷さんも先輩アニメーターでの登場らしいしね

ここ数年は朝のチャンネルはNHKになってるから
やっぱり、ながら見をしちゃいますね

現時点でかなり王道過ぎて少し引き気味な感じです
やはり子供時点で「広瀬すず」をイメージしてしまうから?
もやは「キムタク」状態です、何を演じても同じに見えてしまう

それはさておき、気になるのは「語り」
少しなんだか違和感あります
内村さんに違和感じゃなくて内容にね
場面によっては広瀬さんが語ったりする

まぁ「あまちゃん」では固定の語り役はおらず
登場人物3人でやってたけど
あれは別に良かったと思います

今回の語りはどう見てもヒロインの「家族」では?
と、思いながら一応見てましたけど
とうとうその正体が判明!
やはり戦死した「父親」でした

それなら、なんとなく腑に落ちた感じです
なんだか「語り」が気になってしまいモヤモヤしてました
これで明日からは話に集中出来るかな(^_^;)

そんな中、昨日より「ちりとてちん」を再び鑑賞
毎日DVD1枚ずつ観て行こうかと思っており
今日は2枚めの第4週「小さな鯉のメロディ」まで

第1週の子供時代「笑う門には福井来る」で
もう号泣して涙腺が緩んだオヤジになってます(T_T)

で、この「語り」は熟年期のヒロイン自身という設定
それを上沼恵美子さんが担当しています

改めて今回観直すと「上手い!」のひとことですね
脚本が良く出来てるのもあるけど
過去の自分に対してツッコミを入るから
上沼さんの話術的要素が非常にドラマを面白くしてるし
優しく温かく見つめてる感じの口調も心地よいですね

この前「前略おふくろ様」も観直しまいた
ショーケンの語りも最初数話はぶっきらぼうでしたが
倉本さんの指導があったのか急に変わって
ドラマに引き込まれていくような語りになってますね

登場人物の「語り」って画面に映し出されてる以上に
さまざまな心情を表してくれるから
私の好きなタイプなドラマなのかな

なんだか最近は「ドラマ地獄」の日々が続いてます(^_^;)






nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

朝ドラちりとて関連商品 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます