SSブログ

大人の香り [エンタメ]

小池一夫さん、モンキー・パンチさんの訃報

お二人とも大人向けの・・・という印象が強い

最初のアニメ「ルパン三世」の放送は
1971年10月24日 - 1972年3月26日とのこと
福井のTV局(福井放送)は日テレ系だったから
日曜の19:30 - 20:00は放送されていたのかもしれない

でも当時の私は6歳ということ
しかも我が家はその時間はNHKを観ていたと思われ
覚えがないので7~8歳頃の夕方の再放送で初めて観た

やはり当時の私にとってはエッチで拳銃や車などを含め
大人な世界が広がってたと思う
エンディングの歌も大人を感じてた

しかし漫画原作を初めて読んだのはTV第2シリーズ時期
1977年からの放送だったので翌年くらいだったと思う
当時アニメ放送に合わせて「新ルパン三世」として
原作も新たにやっていたので読んでビックリ!
予想以上の大人な世界が・・・♂♀の表現とかねw

だから先日放送の『 ルパン VS 複製人間 』は好きだ
当時オールナイトで兄と二人で観に行った
あの頃は自由な時代で13歳と17歳の未成年が
午前4時あたりまでやってたオールナイトでも
叱られることもなく平気で入場出来たんですから

昔の映画館は入れ替え制度じゃないので
同時上映の「ナイル殺人事件」とそれぞれ2回ずつ観て
朝方やってた食堂で「天ぷらそば」を食べ
雪のチラつくなか、始発まで駅の待合室で待っていた
ちょっと大人になった気分?

一方、小池一夫原作の漫画はそれほど触れていない
どこか「梶原一騎」とダブってる印象なのだけど(^_^;)
しかしTVや映画で実は観ていたんだよね
「子連れ狼」「修羅雪姫」「電人ザボーガー」など

作詞家としてもや「修羅の花」「子連れ狼」の
あの有名なフレーズも原作者の小池さんによるもの
意外なのは「マジンガーZ」「グレートマジンガー」
古くから永井豪さんとはお仕事されてたのですね

永井豪さんの「花平バズーカ」は読んでたのに
原作の印象が薄いのは何故なんだろう?
私が単にスケベだから・・・でしょうね(ー_ー;)

ともかくセックス・バイオレンス・ハードボイルドな
大人も読める漫画ジャンルを切り開いてくれた
偉大なおふたりでした

子供の頃からたくさん楽しませてもらい
ありがとうございました
これからも楽しませてもらいますw












nice!(0)  コメント(0) 

ちりとて関連商品 [エンタメ]

毎日DVD1枚ずつの鑑賞のつもりでした
約2~3年ごとに観ているのですが
毎回中盤あたりから続きが観たくなるので
結局数週分をまとめて観てしまいます
なので仕事中に睡魔が・・・・・・(;一_一)
で、先週末に最後まで観てしまいました(^_^;)

我が家にある「ちりとてちん」関連モノはこれだけ
ちりとてちん_01.jpg

まずは完全版 DVD BOX Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
ちりとてちん_02.jpg
当時はまだVHSで録画していたので
DVDの購入は当然かな(一応悩みましたけどね)
あの頃の朝ドラのDVD化は「完全版」か「総集編」
もしくは諸事情により発売されない場合があったと思います
プロデューサーの権限も無かったはずだと思います
結局は「視聴者の反応次第」というのも大きいかも

で「ちりとてちん」は視聴率的には低かった
関東が16%あたりで関西は20%超えだったはず
しかし全国にはアツいファンは多かったと思える証明が
当時DVD化された朝ドラ13作品のなかでトップだった
約9000セット出荷した「おしん 完全版 少女編」を上回る
約17000セットを売上げ最高記録を達成したのでしたw
(この売上は初回出荷ということだよね)

現在は「あまちゃん」のBOX 2に抜かれてしまった
(ちなみにDVD版7370とBD版10618の合計約18000セット)
ある意味当然なのかな視聴率も話題性も高かった
でも歴代TOP3は・・・
1.『あまちゃん 完全版 BOX 2』(2013/11/6発売)
2.『ちりとてちん 完全版 BOX I 苦あれば落語あり』(2008/6/4発売)
3.『ちりとてちん 完全版 BOX II 割れ鍋にドジ蓋』(2008/6/25発売)

なるほど、まだまだ「ちりとてちん」頑張ってますね

続いては・・・
ちりとてちん_03.jpg
「総集編」と「サントラCD」です
実は「総集編」も発売されたのです
何故か?それは朝ドラ史上初のスピンオフ作品が制作され
それを発売するのに「総集編」の特典DISCとしたのです
正直これは購入するのを相当悩みました
「総集編」は「笑い」と「細かい伏線」などはほぼカット
これを観るくらいなら長くても「完全版」を観る

でも、完全版に入らなかった特典映像も多くあるし
スピンオフの「まいご3兄弟」も楽しいから購入しました
実際「総集編」のDISCはほぼ観ることはないですね

このドラマの音楽はホントに好きです
本放送の時から気に入っていたので迷わず購入
これを書きながら流してますw

最後に・・・
ちりとてちん_04.jpg
NHKの広報誌、今もあると思いますが「週間ステラ」
その別冊・増刊としての「メモリアルブック」です
当時担当されていた編集の国友 茜さんの想いと
全国の「ちりとてファン」の想いによって出来たようなモノ

ドラマ放送前から放送後までのインタビュー記事の掲載や
新たにインタビューしたものや名場面集(オフショットも)
小道具やセットについてまでいろいろあります

ちりとては「連ドラ初」があります
先程のスピンオフやメモリアルブック
そして「ファン感謝祭」となるイベントですね
当初は大阪局のイベントのひとつとしての企画で
スタジオでの小規模な感じだったと思う

しかも放送の予定もなく告知もわずか番組サイトのみ
往復はがきでの応募だったところ1万通を超え
急遽会場をNHK大阪ホールに変更し
抽選により625組1250名が参加された

第1部では出演者の名場面や裏話
桂吉弥さんによる落語「ちりとてちん」
第2部では豆まきイベントや会場に来てくれた人の
質問や要望に出演者がこたえるコーナ
そして番組グッズプレゼント抽選会
最後は会場全体で「ふるさと」の大合唱
2時間半ほどのイベントだったそうです

やはり放送を希望する声が多数寄せられたため
ダイジェスト版で放送されました
DVD特典ではちょっと長いバージョンが収録されてます


現在のように8時開始は2010年の「ゲゲゲの女房」からです
「あさイチ」で【朝ドラ受け】と称する形はここからですね
しかし「ちりとてちん」は8時15分~30分まで放送し
その後はニュースでしたね

しかし最終話前日の金曜日の8時30分
当時担当していた森本健成アナウンサーが冒頭で
「明日の最終回もお楽しみに」と発言したのです!!
アドリブ発言と思われ、スタジオ内のスタッフによる
「うぉ~~」というどよめきが起こっていた

前々から森本アナウンサーはニュースのまえは
「ちりとてちん」を観ている風な表情をしていたので
ネット上では噂になっていたんだよね
だからあの時は録画したビデオを観て私も驚いたもん
だからあれが【朝ドラ受け】の最初だったのではないでしょうか

とにかく興味がある人は見てみてください
ちりとて話は次回も続けます・・・あしからずm(_ _;)m






nice!(0)  コメント(0) 

朝ドラの語り [エンタメ]

なんだか朝ドラ絡みの内容が続きますが・・・

先週から始まった朝ドラ「なつぞら」
ヒロインがアニメーターを目指す
実在するモデルをモチーフにした内容

実は私もかつてアニメーターを目指したことがあります
まぁ本格的に勉強したと言う訳じゃないけど
高校生の頃に通信教育みたいな感じで少しやった程度

「ドラえもん」などのシンエイ動画だったか?
「サザエさん」などのエイケンだったか?の
育成も兼ねての体験みたいなものと思ってください
優秀な人はスカウトとかあったと思うけどね

なので今回の朝ドラは上京あたりを観るつもりだった
貫地谷さんも先輩アニメーターでの登場らしいしね

ここ数年は朝のチャンネルはNHKになってるから
やっぱり、ながら見をしちゃいますね

現時点でかなり王道過ぎて少し引き気味な感じです
やはり子供時点で「広瀬すず」をイメージしてしまうから?
もやは「キムタク」状態です、何を演じても同じに見えてしまう

それはさておき、気になるのは「語り」
少しなんだか違和感あります
内村さんに違和感じゃなくて内容にね
場面によっては広瀬さんが語ったりする

まぁ「あまちゃん」では固定の語り役はおらず
登場人物3人でやってたけど
あれは別に良かったと思います

今回の語りはどう見てもヒロインの「家族」では?
と、思いながら一応見てましたけど
とうとうその正体が判明!
やはり戦死した「父親」でした

それなら、なんとなく腑に落ちた感じです
なんだか「語り」が気になってしまいモヤモヤしてました
これで明日からは話に集中出来るかな(^_^;)

そんな中、昨日より「ちりとてちん」を再び鑑賞
毎日DVD1枚ずつ観て行こうかと思っており
今日は2枚めの第4週「小さな鯉のメロディ」まで

第1週の子供時代「笑う門には福井来る」で
もう号泣して涙腺が緩んだオヤジになってます(T_T)

で、この「語り」は熟年期のヒロイン自身という設定
それを上沼恵美子さんが担当しています

改めて今回観直すと「上手い!」のひとことですね
脚本が良く出来てるのもあるけど
過去の自分に対してツッコミを入るから
上沼さんの話術的要素が非常にドラマを面白くしてるし
優しく温かく見つめてる感じの口調も心地よいですね

この前「前略おふくろ様」も観直しまいた
ショーケンの語りも最初数話はぶっきらぼうでしたが
倉本さんの指導があったのか急に変わって
ドラマに引き込まれていくような語りになってますね

登場人物の「語り」って画面に映し出されてる以上に
さまざまな心情を表してくれるから
私の好きなタイプなドラマなのかな

なんだか最近は「ドラマ地獄」の日々が続いてます(^_^;)






nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます